ぱーちー。



ヒサビサにNOKIA君で夜景を撮ってみた。

photo by boku-pochi -

六本木ヒルズのアカデミーヒルズ49階ですぅー。
タッケーな。こんなトコ初めて来たよ。

ガラスに密着させて撮ったつもりだったケド、ダメだなー。
ホントは東京タワーを写したかったんだケド、もっとガラスに写り込んじゃったよ。

会社のイベント(パーティーか?)だったんだけど、オレはイベント前に用意されてた1時間で用件が終わったあとはヒマー。

珍しい事に本国からウォッチメーカー(時計の技術者の総称)が来ていたので、新しいムーブメントの説明を営業に混じって聞いて情報を集めるのがメインの役割だった。
その後に初めて会ったウォッチメーカー同士って事で(レベルは全く違うが・・・)今後の絡みも含めて簡単な挨拶をしただけなのに、オレが英語がダメなのは分かりきっているので、話をしてるオレを見つけた関係部署の人がスッ飛んで来た(笑

その後の時間を潰すのが大変!
パーティーとは言え、主催者側だし営業でも無いので忙しくも無い。
会社で仕事してた方が良かったか?

タイムテーブルは自分の部署のスタッフにも知らせてあったので、メーカーの社長とさっきのウォッチメーカーのトークショー辺りには仕事を早めに切り上げたスタッフ達が集まって来た。

しかーし!彼等と時間を潰す為に来たワケじゃ無いので、会場が落ち着いたトコで開場前のミーティングで説明されなかった事や突っ込んだ内容をウォッチメーカーに聞いたり、向こうの社長もオレの事は覚えてたみたいなんで、チャチャを入れて来たりしてソレナリに来た意味もあったみたいだ。

フランス語の通訳を担当していた人がメチャクチャ頭の切れそうな女性なんだが、
『いやに専門的な事に詳しいなー。』
と思っていたが、実は業界に根深い人だったとイベントが終わった控え室で話をして初めて知ったりして、お互いに共通の知人が多くてビックリした。

パーティーとかって慣れないから、苦手とも言えるし、慣れないだけに気にならないともいえるな。

翌日は例のウォッチメーカーとウチのスタッフでのミーティングをセッティングしてあったから、1時間半と短い時間ながらも今後のコミュニケーションの為には有効だったと思う。

今はスタッフの1人がジュネーブに研修に行ってる。
今日から始まる筈だが、楽しんで欲しいな。
3週間後には更に2人がジュネーブに向かう。(相手のメーカーは違う)

さて、オレは次いつ行こうかな?


<< ないとー。 | main | ふぇすたー。 >>
こんにちは、初コメントです。
会社のパーティーに来られたウォッチメーカーは、C社からですか?P社からですか?
| ukawa | 2006/10/16 4:37 PM |

こんばんは。勿論C社からです。
| ツトム。 | 2006/10/16 10:12 PM |










このページの先頭へ