ほぇー。



地味に新鮮なのは702NKIIの頃に知ったが、使い道が分からなかったSalling Clickerって言うMacをリモートコントロールするソフトかな。

photo by boku-pochi -

以前はPalmの無線LANを利用するμVNCってソフトを使ってた。

これはPalmの画面にMacのデスクトップが表示されてマウスの代わりにスタイラスでコントロールも出来た。

勝手に上司のMacを乗っ取ってPalmからコントロールしたりとか(笑

今回試したSalling Clickerはコントロールする為だけのソフトでシェアウェアだが(μVNCもだけど)、レジストしなくても起動毎に30クリックまで使えるのだ。

MacにインストールしてBluetooth経由でコントロールするんだけど、Mac側のソフトが"本体"でリモコンとなる端末毎にセットアップする。
そんで、リモコンはNOKIAじゃなくても大丈夫。
100種類以上の端末をサポートしてるらしい。

勿論、Palmからも使えたよん。
操作はNOKIAの方が楽だったケド。

マウスの代わりにもなるケド、普通にマウスを使った方が楽です・・・(汗

だって、モニターから離れたらポインタが見えないじゃんか!

夜遅くに社内で実験して、遠く離れた場所から(Bluetoothは10メートルまで届くらしい)

「どうっ?動いてるっ!?」(大声)
「動いてますっ!」(大声)

って、やっぱり変だよな(笑

プレゼンテーションでリモコンとして使うのに人気らしい。

画像の通りに例えば端末でiTunesのコントロールをすると画面にアルバムジャケットまで表示されるが、やっぱ歩いて行って操作した方が早いゾ。

ベッドに入って、MacでDVD鑑賞ってのが現実的だね。

とか言いつつも、早速レジストした・・・(汗

Macにはアップルスクリプトって言う一連の作業を自動化出来るプログラム(なの?)が作れる機能があって、これらを今回のソフトに設定すると新たに操作出来る事が増えるんだケド、難しくて書けません!
昔は日本語が使えたんじゃ無かったっけ?

仕方なく(?)出来合いのスクリプトをwebで探して来たりしてるが。

iSyncと言うMacのアドレスブックとかスケジュールをPalmとかケータイなんかと同期するソフトがあって、スリープしてるMacを起こす→iSyncを起動→シンクロ→ソフトの終了ってのはNOKIAから出来る様になった。

もっと便利にするスクリプトの勉強でもしようかな・・・。
とりあえずは既存のスクリプトの改造かな・・・(笑

やっぱ、Bluetoothは便利だね。


<< よしよし。 | main | う・・・。 >>









このページの先頭へ