ギャップが・・・。



いよいよ、新年度だね。

一昨年から続いた前任者絡みの混乱も一応の区切りを付けて、気持ちを切り替えなきゃなー。
気分は新学期か?

photo by boku-pochi -

この数年は、本当に色々あって・・・あり過ぎて、今となっては一瞬の出来事だったように思える。
(歳くったからかなー)

まっ、持ち前の"いい加減さ"を最大限に発揮してるだけか。
(ダメな奴・・・)

月曜日の朝に社長に呼ばれて辞令を受け取った。
手に取り、蛍光灯に透かしてみたり、ペラペラと振ってたら、
「偽物じゃないよ。本物だから!」
と言われてしまった。
そんなつもりじゃ無かったんだケド。(^^;)

今期からまた(?)階段を1つ登り、新しい立場になった風味。

ここ数年でダンサーみたく軽やかなステップで階段を駆け上がった様だ。

いや、奴隷がレンガを沢山背負った状態で後ろからタイマツを持った敵に追い立てられたって方が近いか?

海から引き揚げられたサカナ(しかも雑魚)がビチビチ跳ね回ってたら、勢い余っていつの間にか階段を登っていたってのもアリだな。

オレってナンナンダ?

ま、あとは登って来た階段を降りるだけかよ。
(チゲーよ)

分不相応なのは間違いないな。
他の部署でも例を見ないし年齢的にもそうだ。
他部署なら取締役クラスが就任してるから、一番若くても一回り以上は歳が離れてるもん。

勿論、こんな立場は自分から一切望んだ事じゃないゾ。
マジで面倒な事や争いは避けて歩きたい性格なんで。

特に今はタイミングが悪過ぎ・・・。
会社の業務が自分が知る限り最も混沌としている時期だしね〜。

オレは会社の為に働いてるなんて思えていない。
そんなに人間ができてないから、自分の抱えているスタッフの生活を守る事だけで精一杯。

入社した頃はオレの年代の技術者なんて、ごくごく少数だった。
クォーツの出現によって技術者が必要が無くなって、その後は技術者は減少する一方で、結果的に特定の世代には技術者は殆どいない状態になったみたい。

それでも一部の高級ブランドでは技術者を必要としてたから、よく分からないまま迷い込んで居付いてるワケだな(笑

部内でも先輩達と20歳位は歳が離れてて、将来的な危機感は当時から感じていたから、技術力の維持だけを気にしてただけだった。

その後、実作業では社内外からの信頼に応える仕事を、スタッフへは技術的なサポートを、部の運営に関わるようになってからも自分に出来る最大限の事をしてきたと言う気持ちもある。

んー・・・これ以上、何をすれば良いのだろう?

あー、早く帰りたいな(笑


<< なんとか。 | main | チビ。 >>









このページの先頭へ